No.079 – 敏感肌のスキンケア調査【混合肌】(40代・女性)


敏感肌の程度・これまで起きた敏感なゆえのトラブルは?

自分と同じくらいの年齢層、肌質での口コミを参考に化粧品を選びます。その口コミで「敏感肌ですが、大丈夫でした」というようなコメントがある商品でもひりひりしてしまうことがあります。とくに目の周りが赤くかさぶたのようになって、しばらく皮膚科に通ったことがあります。

痛みや赤みなど以外の肌の悩み、トラブル、不満は?

シミが目立つことです。とくに左頬に2センチになるんではないかというくらいのくっきりした大きなシミができて、このまま年をとると顔中がシミだらけのおばあさんになってしまうんじゃないかと心配です。当然ですが素顔では人前に出られません。

弱い肌ではなかったら、やるであろう、やってみたい肌・スキンケアは?

ハイドロキノンという成分がシミに効果が高いといわれているので、ぜひ使ってみたい気持ちはあります。でもこの成分は肌への負担も大きいと聞き、手を出せないでいます。実際に使ってみないとわかりませんが、一日中顔がぴりぴりして仕事どころじゃなくなるかもしれません。

弱い肌質を変えるために何か試したことはありますか?

肌にトラブルがあるときには皮膚科に通って先生がすすめる皮膚科の化粧品をラインで使っていました。たしかに洗顔石鹸からはじまって、すべての商品が肌には穏やかでした。数ヶ月使ったらそのときの肌トラブルが解消されたので、そうするとふだん使っている市販品に戻ります。やはり皮膚科のものは値段がお高いので。

スキンケア化粧品はどんなことに注意して、どのようなブランドを選んでいますか?

自宅でスキンケアするのは好きなので、新商品が出れば気になって使ってみたい気持ちになります。そのときは試供品がもらえるもので試供品から試します。もし肌に合わなかったときのことを考えると、本商品をいきなり購入するのはためらいます。今はDHCさんの紫色のQ10シリーズを使っています。保湿力がしっかりしているので乾燥の悩みから開放されています。でもこの紫色に改良される前の黄色いQ10シリーズは肌がぴりぴりしてまったく使えませんでした。同じシリーズでも実際に使ってみないとわからないものだなと思いました。